Our Website Uses Cookies 


We and the third parties that provide content, functionality, or business services on our website may use cookies to collect information about your browsing activities in order to provide you with more relevant content and promotional materials, on and off the website, and help us understand your interests and improve the website.


For more information, please contact us or consult our Privacy Notice.

Your binder contains too many pages, the maximum is 40.

We are unable to add this page to your binder, please try again later.

This page has been added to your binder.

エドワード・リッペイ Edward H. Rippey
パートナー
Washington +1 202 662 5171 erippey@cov.com Download V-card

エドワード・リッペイ (Edward Rippey)氏は、特許、ゲーミングライセンス、鉱業権関連の訴訟を中心とし、多様な分野における複雑な訴訟を提起するパートナーです。これらの案件には、独占禁止、消費者、運輸、エネルギー、スポーツ、薬事、著作権、通信、証券取引などに関する分野が含まれます。同氏は当事務所のゲーミング業界実務の共同議長であり、世界中の総合型リゾート・カジノやゲーム機メーカーの代理を務めています。また、eディスカバリ&情報管理実務の議長でもあり、同分野における大規模な多国籍企業の代理を務めています。

同氏は、Chambers GlobalChambers USAWho's Who LegalSuper Lawyersの各誌において、常に上位ランキングに位置付けられています。The Chambers誌は、同氏について「専門知識と卓越した訴訟スキル、供述分析力、案件監督力を兼ね備えた」、「豊富な知識と先見力を持つ」訴訟者であると評しています。

  • 別件の特許侵害訴訟において、プロクター・アンド・ギャンブル、アボット・ラボラトリーズ、アストラゼネカ、ワーナー・チルコット、フォウゲラ、グラクソスミスクライン、レンディング・ツリー、およびその他の公開会社。
  • eディスカバリ助言業務および戦略的取組サービスに関与するニューヨーク証券取引所、ナショナルフットボールリーグ、サムスン、チキータ、ソラザイム、フリーダム・コミュニケーション、ワイス、ワシントン・ポスト、およびその他多数の企業。
  • 広範な訴訟問題や申立てにおいて、バリック・ゴールド ・コーポレーション、メルク、マルチメディア・ゲーム、MGMリゾート・インターナショナル、およびその他の著名なリゾート。
  • 石炭輸送の長期契約の下で生じる請求に関する連邦訴訟(および規制関連問題)において、ユニオン・パシフィック鉄道。
  • 独占禁止、エネルギー、契約法に関する連邦訴訟(および規制関連問題)において、PPLコーポレーションとその子会社数社。
  • クレジットカード発行に関連する連邦独占禁止法違反の訴訟、ならびに証券取引に関する広域係属訴訟において、JPモルガン・チェース。
  • 主に法定および慣習法上の環境関連の訴訟を中心とした連邦訴訟において、アトランティック・リッチフィールド、ボーイング、ゼネラルエレクトリック、マクドネル・ダグラス、ノースロップ・グラマン。
  • 産業機械の販売、マーケティング、流通に関する商事仲裁案件において、伊藤忠インターナショナル。
  • 著作権、通信、放送、独占禁止に関する申立てをはじめ、フランチャイズの移転や選手の仲裁に関する多数の訴訟において、NFL エンタプライズ L.P.

プロボノ活動

  • (原告)パール・ビール vs (被告)コロンビア特別区 No. 04-0959 (RMU) (D.D.C. 2004)コロンビア特別区の刑務所での監禁状況に関する判例
  • (原告)アメリカ合衆国 vs (被告)トニー・アンジェロ・メゾン 233 F.3d 619 (D.C. Cir. 2000) 銃器訴訟に対する「無実の所有」弁護に関する判例

加盟団体

  • セドナ会議: 電子文書問題に関するワーキンググループ(2009年~現在)
  • Kroll OnTrack eディスカバリ諮問委員会(2013年~現在)
  • Legal Innovation 2020 Group (2014年~現在)
  • E-Discovery Counsel Round Table (2015年~現在)
  • LexisNexis Litigation Solutions Advisory    Board (2006年~2014年)    
  • IQPC eディスカバリ諮問委員会(2008年~2011年)
  • Applied Discovery 諮問委員会(2004年~2006年)
  • ABA: 科学技術関連法(2010年~現在)
  • ABA: eディスカバリおよびデジタル証拠(2010年~現在)
  • 英国 コンピュータおよび法律協会(2011年~現在)
  • DRI eディスカバリ委員会(2006年~現在)
  • CPR eディスカバリ委員会(2007年~現在)
  • 公認eディスカバリ専門家協会(2010年~現在)
  • ハーバード・カレッジスクール委員会

職歴

  • マサチューセツ州ケンブリッジの全米 経済研究所(1988年~1991年)
  • Chambers Global – 訴訟: E-Discovery (2014年~2018年)
  • Chambers USA誌: 米国の企業訴訟の第一人者 - 訴訟: eディスカバリ(全国)(2013年~2017年)
  • Washington DC Super Lawyers、訴訟 (2014年~2018年)
  • Who’s Who Legal、訴訟: E-Discovery (2015年~2017年)
  • 公民権および都市に関するワシントン弁護士委員会、Outstanding Achievement Award(2012年)
  • コロンビア特別区巡回裁判区 プロボノ(無料奉仕)弁護士賞(2010年)
  • コロンビア特別区 囚人向け法律サービスプロジェクト、プロボノサービス賞(2005年)