This website uses cookies. For more information please contact us or consult our privacy policy.

Your binder contains too many pages, the maximum is 40.

We are unable to add this page to your binder, please try again later.

This page has been added to your binder.

Michael J. Fanelli
パートナー
Washington +1 202 662 5383 mfanelli@cov.com Download V-card

マイケル・ファネリ氏は、グローバルカルテルおよびその他の民事反トラスト捜査および刑事捜査のリスク管理において、当事務所のクライアントを支援しています。同氏が弁護に当たった大半の企業および個人は、政府による不利な訴訟を逃れています。また、法的なリスクおよび事業上の利益を踏まえた上で、当事務所のクライアントが利用可能な選択肢ついて理解し、最適な選択ができるよう助言を行うことで価値を提供しています。

  • 太平洋横断の航空運賃および追加料金の価格操作疑惑を提起した暫定的な集団訴訟において大手航空会社の代理を務める。
  • 継続中の暫定的な民事集団代表訴訟において自動車部品メーカーの代理を務める。
  • 自動車部品業界における調査において複数のメーカーおよび個人の代理を務めた。現在まで、これらの調査は正式に完結しており、クライアントに対しいかなる処分も下されていない。
  • 司法省調査における化学添加物製品の大手メーカーの代理を務め、クライアントに対する処分は一切下されていない。
  • 再販価格維持の疑惑に関し、最高級の浴室および台所設備メーカーであるKWCアメリカに対する申立ての完全な却下を獲得した。
  • 航空貨物業界における談合の捜査に関し、企業役員の代理を務めた。クライアントに対する処分は一切下されていない。
  • 種々の商品に関する大陪審の調査において、国際的な化学品メーカーの代理を務め、 当事務所のクライアントに対する処分は一切下されていない。
  • 最高経営責任者の不正行為疑惑の調査において、InfoUSA 社の取締役会特別委員会の代理を務めた。
  • 内部汚職行為の調査において、国際的非政府機関の代理を務めた。
  • 米国通信会社に課された解約レートに関する談合疑惑の調査において、アジアにおける最大電気通信サービスプロバイダの一社の代理を務めた。政府は最終的に調査を完結し、クライアントに対する処分は一切下されていない。
  • 米国、欧州、カナダにおける価格操作調査および20以上の州立および連邦裁判所における関連訴訟に関連し、業界リーダーである世界的な大手ゴム薬品メーカーの代理を務めた。
  • 証券取引、独占禁止法違反および外国貿易管理上の潜在的な問題領域において、多様な業界における無数の内部調査を管理した。
  • 司法省による仲介手数料に関する談合調査では、消費者向け健康製品メーカーの代理を務めた。 調査は完結し、クライアントに対する処分は一切下されていない。
  • 刑法違反となり得る独占禁止法違反、ならびに米国および外国における独占禁止法制裁措置減免プログラムの適用性について、クライアントに助言を提供した。
  • 合弁事業および共同作業に関し、自動車および工業製品業界における多方面のクライアントに助言を提供した。

プロボノ活動

  • 太平洋岸北西部で発見された9500年前のものと考えられている「ケネウィック人」と呼ばれる骸骨の遺跡調査を行う権利をめぐる訴訟で、オレゴン州東部地区地方裁判所および第9巡回控訴裁判所の訴訟においてアメリカ考古学協会の代理人を務めた。最終的に第9巡回控訴裁判所は遺骨と祖先であるとの申し立てを行うグループとの間の関係は確立できないとの判決を下した。この裁定により、遺骨調査への道が開かれ、同訴訟は数多くの書籍およびその他の出版物の対象となる。

加盟団体

  • アメリカ法律家協会、独占禁止法部門、合同運営委員会の共同議長(2013年~現在)
  • アメリカ法律家協会、独占禁止法部門、国際カルテル特別委員会 (2011年~2012年)
  • アメリカ法律家協会、独占禁止法部門「Competition Laws Outside the United States (米国外の競争法)」の編集委員長(2008年~2011年)
  • アメリカ法律家協会、独占禁止法部門、カルテル・刑事実務委員会、副委員長(2010年)
  • アメリカ法律家協会、独占禁止法部門、国際独占禁止委員会、副委員長 (2004年~2010年)
  • 「Competition Laws Outside the United States (米国外の競争法)」の編集委員会(2003年~2005年)

職歴

  • ファネリ氏は以前、連邦取引委員会の政策計画局に務め、そこで司法省および連邦取引委員会の競争事業者間の提携ガイドライン(DOJ & FTC Competitor Collaboration Guidelines)の草案作成に貢献し、合弁事業の独占禁止法処置についての助言を行い、政策および調査問題に関与した。
  • Legal 500 US, Antitrust - Cartel (2015年)  
  • アメリカ考古学協会の会長表彰(2002年)