日本 / Japan
 

ASIA

主要業務



English  日本語

約一世紀前にワシントンDCに創立されたコヴィングトン&バーリング法律事務所は、今日、北京、ブリュッセル、ロンドン、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、ソウル、 シリコンバレー、ワシントンで法務業務を行う約800 名の弁護士を抱える大手国際法律事務所として知られています。コヴィングトンは、その仕事の質の高さ、クライアントに対する深い忠誠心、複雑な規制・企業・訴訟関連を扱い慣れていること、そして最高レベルの職業基準と倫理基準の遵守への取り組みにより優れた評価を得ています。世界の代表的なソフトウェア会社やハイテク企業をはじめに、石油・ガス産業、製薬会社やバイオテクノロジー企業、国防関連企業、製造企業や消費財製造会社、金融機関、メディア企業、あらゆる種類の大手企業のほか、外国政府や国際組織への助言・代理も行っています。

コヴィングトンはまた、日本およびアジア全域のクライアントとの実績を含め、国際実務における世界的な視野と幅の広さでも高い評価を得ています。コヴィングトンにはアジア地域における数十年の実績があり、アジア全域に及ぶ影響範囲と重要性を持つ新しく複雑な問題を呈するプロジェクトや取引におけるアドバイザーや代弁者を頻繁に務めています。コヴィングトンのクライアントにはアジア経済のほぼ全産業部門で活動している企業が含まれ、その中には既に確立している多国籍企業もあれば、現地での事業運営の初期段階にある中小企業もあります。さらに、コヴィングトンの弁護士の中には日本およびその他のアジア諸国での法務経験を有する者も何人もおり、日本語、北京語、広東語、韓国語、タイ語、ヒンズー語が堪能な所属弁護士も多数おります。コヴィングトンでは、日本での事業も含めてアジア全域でアジア系、米国系その他の企業の代理を任せていただけることを光栄に思っております。

コヴィングトンの米国内外のクライアントは、幅広い法的問題に関する助言と判断を求めて当社を訪問されます。コヴィングトンの弁護士たちは、米国で事業を行いたいと考える日本やその他のアジア諸国のクライアントの皆様に、下記のような多数の分野において専門的かつ特化した支援を提供できます。
 
  • 米国における投資および買収に関する対米外国投資委員会(CFIUS)案件
  • 医薬品、エネルギー、電気通信、銀行・金融、運輸、知的財産、製造物の安全および製造物責任、通商、反トラスト等の重要分野における規制および政策に関する案件
  • ワシントンDCや州都における立法府および行政府に関わる案件
  • メディア・通信関連の案件
  • 企業統治、有価証券開示およびその他の米国内外における証券および金融関連のコンプライアンス案件
  • 海外汚職行為に関する案件
  • 輸出管理案件
  • 合併・買収などの取引
  • 訴訟
  • 税務案件
  • 特許訴訟、知的財産権の買収およびライセンス供与
  • 環境政策および環境緩和
  • 炭素市場および気候変動に関する案件
  • 破産および債務超過
  • ライフサイエンス関連の取引およびライセンス供与

コヴィングトンは同様に、アジアの新市場への参入または既存の現地事業に関わる問題への対処を図る米国のクライアントもお手伝いしています。コヴィングトンの弁護士たちは、下記をはじめとするほぼすべての法律分野においてアジアの米国企業を代理しています。
 
  • 市場参入権および参入上の問題、WTO関連の案件
  • 知的財産権(権利の買収および保護を含む)
  • アジアおよび米国の規制・政策案件
  • 海外汚職行為に関する案件
  • 輸出管理案件
  • 合併・買収などの取引
  • 国際税務案件
  • 炭素市場および気候変動に関する案件

ブリュッセル事務所およびロンドン事務所を通じ、コヴィングトンは下記をはじめとする様々な分野においてアジアおよび米国のクライアントのヨーロッパにおけるニーズにもお応えしています。
 
  • EU規制・政策関連の案件
  • 通商、国庫補助金、関税、競争およびデータ保護に関する専門知識
  • 化学薬品、IPおよび医薬品等の主な規制分野の専門知識
  • 取引および税務に関する支援能力

Print PDF Print this page

略歴

連絡先

jsnipes@cov.com
415.591.7071

mplotkin@cov.com
202.662.5656

imorinaga@cov.com
202.662.5952